「CO²削減」

「地球環境保全」

「耐震性」すべてに応えます

ストレッチフィルム1本当たりのCO2発生量



1.ストレッチフィルム1本当たりの本体内容と本体重量
15u×500o幅×300m   1本当り 2.07Kg

2.ストレッチフィルムの1本当たりのCO2発生量
項   目
1本当りのCO2発生量
生産過程
6.2Kg/本
焼 却 時
6.4Kg/本
合   計
12.6Kg/本

3.計算式
(1)生産過程
   2,070g/本×30g/10g=6,210g
(2)焼却時
   2,070g/本×31g/10g=6,417g
4.根拠(省エネルギーセンター資料参照)
1枚10g(容量15L程度)のポリエチレンのレジ袋を1回使用して焼却するものとします。
また、袋への加工や輸送のエネルギーなどは無視して、ポリエチレンを製造する時のエネルギ  ーを使用することによるCO2発生量と、レジ袋を燃やした時のCO2発生量を考えます。
(1)ポリエチレンを製造する時のCO2排出量
     生協のデータ(インターネット検索による)によると、1Kgのポリエチレンを製造するのに   原油換算で2,065Lのエネルギーを使用。このエネルギー源を電気だとして
     2,065(l)×38.2(MJ/l )/0.378(Kg/kwhl)10/1000=0.03(Kg/  10g)
     10gのポリエチレンを製造するのに30gのCO2を排出したことになります。
(2)レジ袋を燃やした時のCO2発生量
     10gのレジ袋のC(炭素)分は10×12/(12+2)=8.57(g)
     これを燃やした時のCO2発生量は
     8.57(g)×(12+16×2)/12=31(g)
     従って10gのポリエチレンを使用後燃やすとすると、この合計61gのCO2を排出することになります。

※上記画像をクリックすると各サイトに飛ぶことができます!